PR効果絶大 大学が誘致 米大統領選テレビ討論会

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08684520S6A021C1TCL000/

ワシントンという名の大学は、ほかにも米西部のワシントン州に州立のワシントン大学とワシントン州立大学、メリーランド州に私立のワシントン大学があります。さらに首都ワシントンにはジョージ・ワシントン大学も。いくつもあって、しっかりPRしないと埋没しかねません。だからこそ、テレビ討論の会場に名乗り出るのですね。

どこの大学も優秀な学生集めに必死。その点、大統領選の討論会場になれば、イメージも良くなろうというものです。

討論会場には、その大学の学生も入って聞くことができます。ワシントン大学での討論会場から出てきた女子学生は、候補者の討論を間近に見て興奮冷めやらぬ様子でした。大学のPRばかりでなく、学生たちの知的興奮を掻き立てる場としても効果があるのですね。

討論会が大学で行われているとは知りませんでした。PRに11億も使うというんですから相当な力の入れよう。