ネット資金調達膨らむ クラウドファンディング 昨年度、国内VB向け投資の2割

96959999889DE2E6E1EBE6E0E7E2E2E1E2E5E0E2E3E4869897E2E2E2-DSKKZO0439427003072016TJE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO04394250T00C16A7TJE000/

クラウドファンディングを活用するVBが増えてきた。新製品開発や販売拡大の資金に充てることに加えて、消費者の評価を探る市場調査にも利用されている。2015年度の総額は約283億円と国内VB投資の2割に相当する規模にまで膨れ上がった。

衣料品製造販売のオールユアーズは開発資金を「マクアケ」で調達した。目標の4倍となる約400万円を集めた。ネットや商業施設で約2千着を販売した。木村社長がマクアケに着目したのは「マーケティングや宣伝にも活用できるため」だ。好評ならSNSで話題になって、小売業のバイヤーの目にとまる。必要資金が目標に到達しなくても、量産前にアイデアを練り直せる。

クラウドファンディングが広がるのは、消費者心理にも起因する。被災地支援の募金のような感覚で「作り手を育てたい消費者は増えている」と調査会社のジャパンベンチャーリサーチは語る。スマートフォンの普及で手軽に資金提供できるのも追い風だ。

広がっているのは分かりますが、いまいち実態が見えません。いったいどんな個人が投資をしているんでしょう。