暮らしを進化 VBの技 コネクティドホーム 「便利につながる家」演出

96959999889DEBE7E5E2E7E2E1E2E2E1E2E3E0E2E3E4869897E2E2E2-DSKKZO9570504003012016TJE000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95705030T00C16A1TJE000/

家電やIT機器をつなぐ「コネクティドホーム」、家族や情報とむすぶ「ソーシャルロボット」は欧米の動きを取り込みつつ日本でも拡大。ITで健康をまもる「デジタルヘルスケア」も注目を集める。

ユカイ工学が開発したボッコの身長は約20センチ(約3万円)。スマホと連動し家族からの伝言やスケジュールを話したり、専用センサーでドアの開閉を検知して子供の帰宅を見守ったりする。

スマホでカギを開け閉めするスマートロックも機能が高まりそうだ。フォトシンスは開閉記録を残せるほか、期間限定で「合鍵」をスマホ経由で貸し出す機能を盛り込んだ。家事代行を頼んで外出するときなどに便利という。税別3万6000円で売り出した。

コネクティドホーム、ソーシャルロボット、デジタルヘルスケアが2016年のキーワードのようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です