眠れる主婦力、生かす スマイルワークス、資格で在宅経理 ウィルゲート、手芸の腕前をPRに

96959999889DE2E0E2E1E6E4E5E2E2EAE2E7E0E2E3E4869897E2E2E2-DSKKZO0203469008052016TJE000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02034670Y6A500C1TJE000/

撮影に主婦らを起用するのはラグザス・クリエイト。写真の有無がオークションでの売れ行きに影響するにもかかわらず、車の所有者が写真を撮ってくれないのが悩みだった。そこで所有者の了解を得たうえで写真撮影を主婦らにネットで委託する仕組みを導入したところ、「買い取り比率が3~4割上がった」(同社)。

専門知識を持つ地方在住の主婦を活用するのはスマイルワークス。長野県松本市で簿記2級の資格を持つ主婦8人を組織化し、企業の経理処理を請け負うサービスを始めた。子育てと両立しやすく、月に7万~8万円稼ぐ主婦が多いという。

ウィルゲートは主婦の友社と「暮らしニスタ」を運営する。企業は自社商品の使い方を主婦に考えてもらい、PRしてもらう。優れたアイデアを持つ主婦を64人選んで企業に紹介するサービスを始めた。企業が主婦1人とスポンサー契約を結び、広告にも出演してもらう。

事例が色々あって興味深いです。主婦力というリソースを活用する視点も持っていたいと思いました。